予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると、 免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。
また、予防接種予診票の有効期限は法律をもとに決定されているので、有効期限が切れたものについての再発行等は基本的にできません。
子どもの予防接種は、決して「不要不急」ではありませんので、対象のお子様がいる方は感染症対策をした上で、早めに接種をおすませください。

「遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診」~新型コロナウイルス感染症が気になる保護者の方へ~
>>詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)