令和2年度末から令和4年度にかけて日本脳炎ワクチンの供給量が調整される見込みのため、港区からお知らせや予診票の送付を行う対象者に一部変更が生じます。
供給見通しの詳細について
現在、日本脳炎の定期予防接種には、阪大微生物病研究会(以下「ビケン」という。)のジェービックV及びKMバイオロジクス株式会社(以下「KMB」という。)のエンセバック皮下注用が使用されています。
ビケンから、ジェービックVについて、製造上の問題が生じたことから、その原因究明のため、製造を一時停止した旨の報告がありました。なお、現在、製造は再開されています。
このジェービックVの製造一時停止により、日本脳炎ワクチンの供給量に影響が生じるため、以下のとおり出荷量の調整が行われる予定です。

令和3年度:2020年度と比較して2社合計で80万本減る(日本国内)
令和4年度:2020年度と比較して2社合計で160万本増える(日本国内)

個別にお知らせ等を郵送する対象者の一部変更について
区では、国からの要請を受けて以下のとおり対象者へお知らせや予診票の送付を行う予定です。
ワクチンの供給が安定するまでの間は、4回接種のうち、1期の2回接種(1回目及び2回目を受けていない対象者)を優先することになりますのでご理解ください。
※ただし、定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている場合は定期接種で受けられる年齢を過ぎないように接種を受けてください。
※表中の対象者に当てはまらない場合でも、個別にお問合せをいただき、区が必要と認めた場合にはお知らせや予診票の送付を行います。

2021(令和3)年度のお知らせ等送付予定者
〇2018(H30)年度生対象者 (●2017(H29)年度生対象者への個別通知なし、●2012(H24)年度生対象者への個別通知なし)

2022(令和4)年度のお知らせ等送付予定者
〇2019(H31、R1)年度生対象者、〇2017(H29)年度生対象者、〇2018(H30)年度生対象者 、〇2012(H24)年度生対象者、〇2013(H25)年度生対象者

詳細については下記より港区ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら
※ご注意ください!
・定期予防接種を受ける際は、種類・回数の合った予防接種予診票と母子健康手帳を持参してください。予診票の有効期限(接種期限)が過ぎていたり、予診票を持参しなかったりすると、自費による接種となります。
・予防接種予診票を紛失された場合は、下記問合せ先へご相談ください。

【問合せ】
〒108-8315 港区三田1-4-10
港区みなと保健所 保健予防課
電話03-6400-0081
FAX 03-3455-4460